HR Techナビでは、国内外のHR Techに関する最新トレンド、活用事例などHR Techに関わる人にとって役に立つ情報をお届けいたします。

国内HR Techベンチャーのニュースまとめ|2018年9月

2018年9月に発表された、国内HR Tech(HRテック)企業の最新ニュースをご紹介。

毎月サービスのローンチ・新機能の追加や、業務連携・導入事例が多い中なかで、今月は実績や資金調達、企業買収/新会社設立などのニュースも目立ちました。

特に、株式会社リンクアンドモチベーションによる、株式会社ヴォーカーズへの出資(22.5億円)が話題を呼びました。
出資金額もさることながら、株式会社ヴォーカーズの運営する「Vorkers」は、日本最大級の社員クチコミによる就職・転職者向け情報プラットフォームであるため大きな注目を集めています。

①サービスのローンチ・新機能(16件)
②業務連携・導入事例(13件)
③実績(13件)
④役員人事(1件)
⑤資金調達(3件)
⑥買収/新会社(3件)
⑦調査結果(1件)
⑧その他(4件)

 

①サービスのローンチ・新機能

 

株式会社ハウテレビジョン

外資就活ドットコム運営のハウテレビジョン、次世代型OBOG訪問プラットフォームを目指した新機能「外資就活相談室」をリリース(2018/9/6)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000026700.html

概要

株式会社ハウテレビジョンは、次世代型OBOG訪問プラットフォームを目指した新機能「外資就活相談室」をリリースしました。
外資系ドットコムのユーザーが、内定者や現役社会人に相談できるサービスで、Twitterとも連携しているので、相談者は、Twitterでも回答を確認することができます。

 

株式会社Carat

スタートアップ向け¥0プラン『GLIT Seed』をリリース!|AI転職マッチングアプリ『GLIT』(2018/9/6)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000023025.html

概要

株式会社Caratが運営するAI転職マッチングアプリ『GLIT』は、スタートアップ向け¥0プラン『GLIT Seed』の提供を開始しました。

『GLIT』は求職者に合いそうな求人情報をAIがリコメンドしてくれるサービスで、今回のプランによって、採用コストがあまりかけられないスタートアップ企業は1年間無料で利用できるようになりました。

申し込み条件は下記の通りです。
・中途社員の採用をかけていること
・創業から2年以内であること
・累計資金調達金額が2億円以下であること

 

NORBORDER株式会社

チャットボット×採用×マッチングサービス「TeamFinder」リリース(2018/9/10)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000036781.html

概要

NOBORDER株式会社は、チャットボットを使った採用マッチングサービス「TeamFinder」のβ版を8月20日にリリースしました。

「TeamFinder」は、独自のアルゴリズムを駆使した採用マッチングサービスです。独自に設計した質問に回答した求職者と、採用候補者を探している企業・チームを高精度でマッチングさせます。

利用企業に対しては、マッチング時、採用時の成果報酬は発生せず、月額サブスクリプションモデルで利用できます。

 

株式会社フェアワーク・ソリューションズ

フェアワーク・ソリューションズ、プレゼンティーズムと 社員幸福度の可視化クラウド「FairWork pulse」を提供(2018/9/6)
https://www.atpress.ne.jp/news/165055

概要

株式会社フェアワーク・ソリューションズは、国際的な生産性指標であるプレゼンティーズム尺度WHO-HPQを用いたウェルネス&エンゲージメント支援ツール「FairWork pulse」の提供を開始しました。

「FairWork pulse」では、計6問の簡単なアンケートによって職場の状況やメンタル不調を把握し、臨床心理士などメンタルヘルスの専門家が、自由記載項目の仕分けや希望者へのチャットカウンセリングをおこないます。また、「仕事を通じた幸福度」では、仕事への幸福度を0-10の数値に可視化することで、社内制度の改善やより良い人事戦略に活用にできます。

 

インビジョン株式会社

「採用広報」機能搭載『採用管理ATS HRハッカー』9/13ローンチ  求人案件では伝えきれない想いを広げ、 企業理念一致の採用を応援!(2018/9/13)
https://www.atpress.ne.jp/news/165427

概要

採用マーケティング事業を展開するインビジョン株式会社は、クラウド採用管理システム「採用管理ATS HRハッカー」をローンチしました。
採用管理ATS HRハッカーは、採用広報機能や人事応援機能を搭載した採用管理システムです。

求人管理、応募者管理、レポート機能に加え、月間20万PV、月間ユーザー12万人を誇る働き方メディアに連携する「採用広報」機能を搭載しています。

 

株式会社チェンジ

内定者・新入社員向け教育サービス『New Hire Training』 10月1日から提供開始(2018/9/12)
https://www.atpress.ne.jp/news/165606

概要

株式会社チェンジが運営するモバイルラーニングサービスであるCHANGE UPでは、内定者・新入社員を対象とした新たなサービス、『New Hire Training』を10月1日(月)より提供を開始します。

「CHANGE UP」は、スマートフォンやタブレット端末、PC等のデバイスを通じて、時間、場所を選ばずに社員が学習できる人材育成アプリです。

ただの視聴するだけのEラーニングではなく、内定者・新入社員と企業とのコミュニケーションを促進するSNS機能や、学習意欲を高めるためにランキングや称号などの機能も盛り込まれています。

 

株式会社シーベース

シーベースのクラウド型360度評価支援システムに 9月3日から新サービス「スマレビ for アクション」が登場!(2018/9/3)
https://www.cbase.co.jp/wp-content/uploads/2018/08/20180903_cbase_press.pdf

概要

株式会社シーベースは、9月3日よりクラウド型360度評価支援システム「スマレビ for 360°」のバージョンアップと、新機能であるクラウド型行動変容促進システム「スマレビ for アクション」の提供を開始しました。

「スマレビ for 360°」は、360度評価支援システムで、複数人分回答をまとめておこなえる回答画面や、回答者の設定や回答状況の把握、結果レポートの自動生成など、効率良く最大限の運用効果が得られるシステムです。

今回のバージョンアップによって、「自分の「強み」と「課題」を明確化させるマトリクス分析」が追加され、目標設定への具体的なアドバイスメッセージが記載されるようになりました。

また、新機能として「スマレビ for アクション」の提供が開始しました。「スマレビ for アクション」は、個人の目標設定をクラウド上で管理する機能です。個人が記入した目標が自動で上司に送信され、また自動メール配信機能により、目標確認や振り返りの失念を防ぎます。

 

株式会社Schoo

「Schoo」と「FiNC」が、ユーザー参加型のインターネット生放送フィットネス番組を共同制作(2018年9月19日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000006391.html

概要

株式会社Schooは、ヘルステックベンチャーである株式会社FiNCと、インターネット生放送フィットネス番組を共同制作し、放送することが決定しました。スクー・FiNCの両社のサービス上で同時に生配信されます。

番組名は「素敵な体を作り上げる60分間の新習慣 -FiNC×Schoo Fitness LIVE-」です。
https://schoo.jp/class/5447?ref=prtimes

 

ユニオス株式会社

初期費用・月額費用・成果報酬費用が全て無料!リファラル採用スカウトツール「frec for client」のβ版がリリース!(2018/9/18)
http://unios.jp/pdf/20180918.pdf

概要

ユニオス株式会社は、会社・部署・プロジェクト単位でリファラル採用を活用できる、リファラル採用スカウトツール「frec for client」β版をリリースしました。

「frec for client」は、リファラル採用の量産化が実現する点、社員から紹介された人材のオススメ度が確認できる点、自社オリジナルのタレントプールをつくり、ダイレクトリクルーティングできる点が特徴です。

ユニオス株式会社は、仲間集めや副業依頼ができるリファラルビジネスマッチングツール「frec」を運営しており、そこで使われている独自の仕組みを活用するとのことです。

 

キャリン株式会社

タレントプール採用を支援するSaaS型Webサービス「CaLin」リリース(2018/9/20)
https://www.corp.calin.co.jp/#news/11

概要

キャリン株式会社は、採用候補者データベース(タレントプール)を構築及び運用を支援するタレントプール構築プラットフォーム「CaLin(キャリン)」をリリースしました。

CaLinは、「タレントプール採用」を実現するWebサービスです。タレントプール採用の実施じに発生する、採用候補者のアップデート情報の取得や情報発信などの業務コストをITテクノロジーとサポートによって解決します。

 

株式会社グロウスギア

グロウスギア、採用サイトの管理とダイレクトリクルーティングの効率的な運用を可能にする採用マーケティングツール「採用BOOSTER」を無料で提供開始。(2018/9/19)
https://www.sold-out.co.jp/news/topic_20180919

概要

ソウルドアウト株式会社の連結子会社である株式会社グロウスギアは、顧客企業のダイレクトリクルーティングの応募数最大化に必要な採用サイトの一元管理とダイレクトリクルーティングの効率的な運用を可能にする採用マーケティングツール『採用BOOSTER』を無料提供を開始しました。

アカウントの発行から約2分という速さで採用サイトを作成することができ、スマホにも自動で対応します。Indeedのクローリング条件にも対応しており、サイトを作成するだけで、自動かつ無料でIndeedの検索結果に掲載できます。

 

株式会社ギブリー

【“会話科学”で働き方改革を一歩前へ】業務コミュニケーションの生産性向上を図るクラウド型AIチャットボットツール「PEP」の提供を開始(2018/9/19)
https://givery.co.jp/press/3737/

概要

株式会社ギブリーは、ヘルプデスクなどの業務コミュニケーションを効率化するクラウド型AIチャットボットツール『PEP(ヘップ)』の提供を開始しました。
総務部/人事部/情報システム部/経理部/営業企画部などに集まる社内問い合わせなどのヘルプデスク業務の一次応対を自動化するクラウド型AIチャットボットツールです。

PEPは、「選択肢(シナリオ)型」「一問一答型」「有人対応型」の主に3つの機能をもっていますが、プログラミングなどの特別な知識は必要なく、簡単に作成・運用できます。

株式会社ギブリーは、デジタルマーケティング領域で、チャットボットツール「SYNALIO」(シナリオ)を展開してきました。今回の「PEP」では、運営で培ってきた知見や、蓄積してきたデータを活用しています。

 

株式会社Schoo

『Schoo(スクー)』が、法人向けに人材育成を目的とした社内の知識・ノウハウを動画で共有できる「ナレッジポケット機能」をリリース(2018/9/20)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000006391.html

概要

株式会社スクーは、法人向け社員教育サービス「ビジネスプラン」の新機能として、企業が独自に制作した動画を従業員に提供できる機能「ナレッジポケット」をリリースしました。

「ナレッジポケット」は、スクーの4,700本の社会人向け学習動画と企業独自の動画を組み合わせた企業オリジナルの研修プログラムを作成する機能です。

すでに社内に存在する動画や、独自に作成した動画は、スクービジネスプランの管理画面にアップロードすることができます。他の企業には公開されないので、従業員だけに見せたい動画などでも安心してアップロードできます。

ストレージは1GBまでは無料で提供されますが、10GB以降は月額制の料金が発生します。

 

株式会社ヒューマンテクノロジーズ

LINE活用で店舗管理者と従業員をシフト作成のストレスから解放する「KING OF TIME シフト管理」リリース。ペーパーレス化、脱Excelで業務効率化。(2018/9/3)
https://www.kingtime.jp/news/line_shif_kot/

概要

株式会社ヒューマンテクノロジーズは、「KING OF TIME シフト管理」をリリースしました。
「KING OF TIME シフト管理」は、従業員の勤務希望を集めてシフトの作成、共有までをLINEとクラウドシステム上で完結させることができるサービスです。

「KING OF TIME シフト管理」を活用することで、スマートフォンさえあれば、LINEを利用してシフトの登録から確認までがいつでもどこでもおこなえます。

 

ゾーホージャパン株式会社

イベント主催者の 業務効率が大幅アップ
企画・集客・運営から開催後の分析まで 1つのプラットフォーム上で完結
「Zoho Backstage」提供開始 10月24日体験イベント開催(2018/9/21)
https://blogs.zoho.jp/link/zoho-backstage-release/

概要

ゾーホージャパン株式会社は、2018年7月31日にクラウド型イベント管理サービス「Zoho Backstage」の提供を開始しました。また、本サービスを体験できるイベント「Zoholics Japan 2018」を2018年10月24日(水)に横浜ランドマークホールで開催します。

「Zoho Backstage」は、イベントの企画段階から、サイト公開、集客、空席管理、当日の運営、さらには終了後のアンケートまで、すべて統合されたオンラインプラットフォーム上で業務を完結できます。
イベントのすべての業務を一元管理し効率化できることで、イベントのクオリティを高めることに時間を使うことができます。

 

株式会社Donuts

『ジョブカン採用管理』人事・採用業務負荷を軽減する新機能リリース「面接日程調整」「説明会予約」を採用候補者が予約サイト上で選定可能に(2018/9/26)
https://all.jobcan.ne.jp/info/press/850/

概要

株式会社Donutsは、人事・採用業務負荷を軽減するクラウド採用管理システム『ジョブカン採用管理』の「イベント管理機能」に新たな機能を追加しました。

「イベント管理機能」は、採用候補者やエージェントとの日時調整を効率よく、かんたんに行うことができる機能で、今回下記2つの機能が追加されました。
1.チャットやSNSなど、外部サービスでやりとりをしている採用候補者にも対応
2.電話などで日時確定した採用候補者のステータス情報もジョブカンに反映

 

②業務連携・導入事例

 

株式会社ヒューマンテクノロジーズ

「SmartHR」と勤怠管理システム「KING OF TIME」が連携。人事労務管理から勤怠管理までの流れを大幅効率化し、企業の働き方改革を促進。(2018/9/3)
https://www.kingtime.jp/news/smarthr_kingoftime/

概要

株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供するクラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」は、株式会社SmartHRが提供するクラウド人事労務Tソフト「SmartHR」とのAPI連携機能の提供を開始しました。

今回のAPI連携によって、「KING OF TIME」と「SmartHR」のいずれか一方に従業員情報が登録されている場合、簡単に従業員情報を同期することが可能になります。

片方のシステムに情報を登録すれば、入力せずとも情報を同期できるので、データ入力のミス、情報登録にかかる手間を削減でき、従業員の入社時に発生する人事労務担当者の入力作業が大幅に効率化できます。

 

株式会社カオナビ

「SPI3」を社員のマネジメントに本格活用 カオナビ、適性検査の「SPI3」の正式提供開始(2018/9/19)
https://corp.kaonavi.jp/news/detail/20180919-2/

概要

株式会社カオナビは、カオナビを導入する企業向けに株式会社リクルートマネジメントソリューションズの適性検査「SPI3」の提供を開始しました。
これにより、「カオナビ」上で「SPI3」の受検ができます。

「SPI3」は、受検者のポテンシャル(資質)を、「知的能力」と「性格」から測定することで、職務適応性などを定量的に把握することができます。

「SPI3」を活用することで、「カオナビ」上で、社員の人事データから性格までを一元管理することができ、人材の適正配置や抜擢・人材育成等のマネジメントに活用することができます。

 

株式会社ワークスアプリケーションズ

10年超ユーザーKUMON、「HUE」へのバージョンアップを決定 ~人事本部業務改革プロジェクトを発足。個人とチームの成長を促す働き方創造を~(2018/9/19)
https://www.worksap.co.jp/news/2018/0919/

概要

株式会社公文教育研究会は、「HUE HR Core」「HUE Payroll」「HUE Attendance Management」「HUE Talent Management」「HUE Recruiting」の導入を決定しました。

「HUE」は、採用、配置、評価、異動、報酬、育成、勤怠まで、人材統合データベースで一元管理できるサービスで、複雑で専門的な業務のシンプル化を実現する標準機能とインターフェースを搭載しています。

「HUE」の導入によって、株式会社公文教育研究会が検討していた人事情報の統合管理による二重管理業務の排除や、申請の紙運用に伴うデータ入力業務の見直しなど、業務のコスト削減及び効率化を目指していきます。

 

株式会社ヒューマンテクノロジーズ

クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」、リクルートキャリアの「リクナビHRTech 勤怠管理」へのOEM提供開始(2018/9/4)
https://www.kingtime.jp/news/recruit_kot/

概要

株式会社ヒューマンテクノロジーズはクラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」を、株式会社リクルートキャリアが新たに展開している「リクナビHRTech 勤怠管理」として、8月27日よりOEM提供を開始しました。

KING OF TIMEは、リアルタイム自動集計で大幅な業務効率化を実現するクラウド勤怠管理システムです。

今回のOEM提供によって、自社でのWEB直販、代理店販売に加え、別ブランドとして新たなユーザー層からの利用の増加を見込んでおり、委託企業側の視点によって更なる技術開発、ナレッジの向上、ユーザーニーズの把握を目指します。

 

株式会社ペイミー

ペイミーとインターワークスが業務提携を開始(2018/9/3)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000028212.html

概要

給与即日払いサービスを提供する株式会社ペイミーは、総合人材サービスを展開する株式会社インターワークスと業務提携しました。

インターワークスは、総合人材サービスを展開しており、製造業・工場関連に特化した特化した日本最大級の求人情報サイト「工場ワークス」をはじめ、女性向けの派遣求人サイト「派遣 Style」他、さまざまな領域に特化した複数の求人メディアを運営しています。

今回の本提携を通じて、インターワークスが保有する求人データとペイミーのテクノロジーを活用し、、製造業・工場関連の企業が直面する人材不足の解消を目指します。

 

株式会社ヒューマンテクノロジーズ

世界No.1の顔認証AIエンジン「NeoFace」が勤怠管理システム「KING OF TIME」と連携(2018/9/5)
https://goo.gl/Y5Unj6

概要

株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供するクラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」は、日本電気株式会社が提供する顔認証AIエンジン「NeoFace」との連携を開始しました。
顔認証での出勤退勤打刻は、専用アプリケーションをインストールしたiPadの内蔵カメラで顔を撮影し、本人を認証したうえで出退勤時刻を記録するため、他人のなりすましを抑止できます。また、初期開発費用やサーバーの用意も不要クラウドサービスなので、導入コストを安価に抑えることができます。

 

タレンタ株式会社

タレンタとソレキア、アビームコンサルティングにデジタル面接プラットフォーム「HireVue」を導入(2018/9/5)
https://www.talenta.co.jp/hirevue_solekia_abeam20180905/

概要

グローバルコンサルティングファームであるアビームコンサルティング株式会社は、タレンタ株式会社のデジタル面接プラットフォーム「HireVue(ハイアービュー)」を導入しました。

アビームコンサルティング株式会社は、外国籍の学生をターゲットとしたグローバル採用を積極的におこなっており、ワークショップ形式のケース面接を、海外大の応募者に実施できるよう検討していました。

そのような複雑なケース面接が「HireVue」上で再現され、「いつでも・どこでも」、公平な選考ができるようになりました。

また、キャリア採用において、遠隔地の候補者や現業多忙のためスケジュール調整が難しい候補者に対して録画面接を提供することにより、候補者の利便性向上できます。

更に、海外駐在員や現地HRだけでは採用面接に十分な時間を割くことが難しい海外拠点において、録画面接を使った一次選考プロセスを設けることで、効率化と採用品質の向上を図ります。

 

株式会社ヌーラボ

ヌーラボ、福岡地域戦略推進協議会と共同で「スマートワークプロジェクト構想」を発表(2018/9/16)
https://nulab-inc.com/ja/press-release/pr-1809-fdc-nulab-smart-work/

概要

株式会社ヌーラボは、福岡地域戦略推進協議会と共同で、「スマートワークプロジェクト構想」を発表しました。

「スマートワークプロジェクト構想」とは、Fukuoka D.C.が組成するプロジェクトやコンソーシアムの企画や連携、プロジェクト管理に、ヌーラボの提供するツール「Backlog」「Cacoo」「Typetalk」などの活用を推進することです。
今後「スマートワーク」のコンセプトに沿ったソリューション等を持つ団体等との連携を推進し、「インターネット環境さえあれば、チームメンバーの業務状況確認やリアルタイムなコミュニケーションが可能」な状況を作ることで「スマートワーク」を実現を目指していきます。

 

ランサーズ株式会社

ランサーズ、弁護士ドットコムと業務提携し、士業/専門家支援領域のサービスを拡充(2018/9/13)
https://www.lancers.co.jp/news/pr/16282/

概要

ランサーズ株式会社は、日本初のWEB完結型クラウド契約サービスを提供している、弁護士ドットコム株式会社と業務提携し、「クラウドサイン」を活用したフリーランス支援サービスを開始しました。

「クラウドサイン」は契約締結から契約書管理まで可能な クラウド型の電子契約サービスです。
契約業務の「締結のスピード化」「印紙や郵送費などのコスト削減」「コンプライアンスの強化」によって、ランサーズ株式会社を利用しているフリーランスとの契約にあたり発生するトラブルの防止やコスト削減、スピーディな契約締結を推進します。

 

イグナイトアイ株式会社

導入実績450社超!高度化・煩雑化する採用業務を 影で支える採用管理システム  ソフトバンク株式会社の新卒採用業務において 採用管理システム“SONAR”が大活躍(2018/9/6)
https://www.igniteeye.com/6007/

概要

イグナイトアイ株式会社が運営する「SONAR」がソフトバンク株式会社に採用され、円滑な採用業務に大きく貢献しました。

「SONAR」は、採用オペレーション効率化の観点からの見える化/自動化によって、「応募チャネルの一元化」「選考情報の一元化」「応募者や面接官とのコミュニケーションの一元化」を効率的を実現させるサービスです。

ソフトバンク株式会社は、採用直結型インターンシップや地方創生インターンシップ、No.1採用、ハッカソン採用など、応募者とのコミュニケーション重視の選考を実施しているため、各選考フローの統合管理が難しくなっています。

また、面接官との情報共有、面接評価の反映などに膨大な管理工数が割かれ、大きなコストになっています。

「SONAR」を利用することで面接官および応募者の情報やコミュニケーションを一元管理でき、管理工数の大幅な削減及び、スピーディな選考運営することができるようになりました。

 

株式会社レジェンド・アプリケーションズ

前田建設工業が働き方改革の実現に向けて「LaKeel BI」を導入(2018/9/12)
http://www.legendapl.com/-/news/news84

概要

前田建設工業は、株式会社レジェンド・アプリケーションズの提供する、様々なデータを抽出・分析・加工した結果を見える化するツール「LaKeel BI」を導入しました。

従業員の実労働時間をタイムリーに把握する仕組みがないことや人事関連データが分散し業務が複雑化しているなどの課題を解決する予定です。

「LaKeel BI」採用ポイントは以下の3点とのことです。
・利用者が増加してもコストが一定な「サーバーライセンス型」の料金体系であること
・現在利用している人事システムと「LaKeel BI」の連携実績が豊富であること
・ETL機能によりデータベースやExcelなど多様なデータ取り込みが可能であること

 

帝人フロンティア株式会社

帝人フロンティアとFiNCが業務提携〜AIとセンシングを活用した睡眠プロジェクトを始動〜(2018/9/3)
https://company.finc.com/news/10595

概要

帝人フロンティア株式会社と株式会社FiNCは、睡眠に関するセンシング技術とAIチャットボット技術との融合による共同研究を実施するため業務提携することで合意しました。
帝人フロンティアはFiNCが実施する第三者割当増資の一部を引き受けます。

帝人フロンティアは医療やスポーツなどの分野でウエアラブル製品の研究・開発しています。
今回の業務連携によって、ウエアラブルデバイスから得られる睡眠情報を蓄積し、その情報をFiNCが保有するAIチャットボットで処理し、スマートフォンのアプリを通じてAIや専門家からの指導を受けられるパーソナライズAIサービスの開発を目指します。

 

株式会社Donuts

クラウド型バックオフィス支援システムの『ジョブカン』、企業の福利厚生支援を本格化。第一弾はメドピア子会社と連携、『ジョブカン医療相談 by first call』の提供開始(2018/9/25)
https://all.jobcan.ne.jp/info/press/844/

概要

クラウド型バックオフィス支援システム『ジョブカン』シリーズを提供する株式会社Donutsは、企業の福利厚生支援第一弾として、メドピア株式会社の連結子会社である株式会社Mediplatと連携し、『ジョブカン医療相談 by first call』の提供を開始します。

『ジョブカン医療相談 by first call』は、株式会社Donutsの運営する『ジョブカン』を導入している企業の従業員に「こんな症状があるが病院にいった方がいいか?」「何科に行けばいいか?」「自分で腰痛を改善できる方法はないか?」など、自身や家族の健康上の疑問や悩みを、チャットやテレビ電話などでいつでも医師に相談できるサービスです。

 

③実績

 

Unipos株式会社

全国120,000人の人事キーパーソンが選ぶ「HRアワード2018」に『Unipos』がノミネート(2018/9/10)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000036775.html

概要

Unipos株式会社は、日本の人事部「HRアワード2018」のプロフェッショナル部門にノミネートされました。
Uniposは、国内で初めてピアボーナスを簡単に実現したwebサービスです。

今回以下5点の審査基準を総合的に満たしているとして、プロフェッショナル部門にノミネートされました。
1.明確且つ一貫性のある、戦略や方針を描けていること

  1. 新規性、独創性があり、社会や市場に影響を与えていること
  2. 革新的で、将来に渡って成長性や拡大性を期待できること
  3. 高い注目度、認知度を保持していること
  4. 優れた収益性、市場浸透性を実現していること

 

イグニション・ポイント株式会社

イグニション・ポイント、日本の人事部『HRアワード2018』にノミネート(2018/9/10)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000012744.html

概要

イグニション・ポイント株式会社は、日本の人事部主催、厚生労働省が後援する「HRアワード」2018の企業人事部にノミネートされました。
イグニション・ポイント株式会社はビジネスコンサルティングとイノベーション事業を手掛けており、下記2点が今回のノミネート評価項目です。

  1. 3年で5社のスピンアウトの実績 -30名強のコンサルタントから7名のCXOを輩出
  2. 制度を作っただけで終わらせない -徹底した、継続的なサポートを実施

 

株式会社Emotion Tech

Employee Tech、「HRアワード2018」プロフェッショナル部門で入賞(2018/9/10)
https://www.emotion-tech.co.jp/news/2018/0910

概要

株式会社Emotion Techが運営する、従業員エンゲージメント向上支援クラウド「Employee Tech」がHRアワード2018のプロフェッショナル部門で入賞しました。
EmployeeTech(エンプロイー・テック)はeNPSを用いた独自のサーベイにより、従業員エンゲージメントを可視化するクラウドシステムです。

シンプルな質問により、従業員エンゲージメントを数値化するだけでなく、AIと統計学を用いた分析により、エンプロイー・ジャーニー・マップ(各従業員体験における感情曲線)を自動で作成し、「改善効果が最も大きい従業員体験」を導くことが可能です。

 

株式会社ペイミー

ペイミーが「HRアワード2018」プロフェッショナル部門で入賞!(2018/9/11)
https://corp.payme.tokyo/news/180911-hr-award

概要

フィンテックを活用した給与即日払いサービス「Payme」を提供する株式会社ペイミーは、日本の人事部が主催する「HRアワード2018」のプロフェッショナル部門で入賞しました。
「Payme」は企業の勤怠データと連携し、実労働時間から給与計算を行って即日払いを行うサービスで、今回エントリー約321点の中から入賞しました。

 

株式会社グロービス

「グロービス学び放題」、日本の人事部「HRアワード2018」で入賞(2018/9/11)
https://www.globis.co.jp/news/release/20180911_globis.html

概要

グロービスが提供する、ビジネススキルを学べる定額型動画学習サービス「グロービス学び放題」は、HRネットワーク『日本の人事部』主催の「HRアワード2018」において、プロフェッショナル部門で入賞しました。

 

株式会社HRBrain

クラウド型目標・評価管理サービス「HRBrain」 経済産業省後援「第3回HRテクノロジー大賞」にて「注目スタートアップ賞」を受賞(2018/9/21)
https://www.hrbrain.jp/news/event/hrtechaward201809

概要

株式会社HRBrainは、経済産業省後援の「第3回 HRテクノロジー大賞」授与式において「注目スタートアップ賞」を受賞しました。
評価プロセス業務をクラウドで一元管理することで、単純作業の多くを自動化し、作業時間を大幅に削減した点、また、社員の自己評価や他者評価を職種軸・部署軸・評価者軸など様々な観点から可視化・分析を可能にした点が評価されました。

 

株式会社FCE Holdings

中途採用1年以内離職率が56%→0%に ~社員の定着と即戦力化をサポートする「Smart Boarding」が日本の人事部「HRアワード」にノミネート~(2018/9/18)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000029370.html

概要

株式会社FCEトレーニング・カンパニーの提供する「Smart Boarding」が全国120,000人の人事キーパーソンが選ぶ「HRアワード2018プロフェッショナル部門」にてノミネートされました。
「Smart Boarding」は社内教育全てを一元管理し、中途社員をはじめとする新人の即戦力化サポート及び人事担当者の教育業務の効率化を実現するサービスです。

 

パーソルホールディングス株式会社

「精神障害者の雇用の取り組みから考える多様性と生産性を実現するトータルマネジメント手法」が「第7回 日本HRチャレンジ大賞」奨励賞を受賞(2018/9/20)
https://www.persol-group.co.jp/news/20180920_2639/index.html

概要

総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社で障がい者雇用支援事業を手掛けるパーソルチャレンジ株式会社は、「第7回 日本HRチャレンジ大賞」において、「精神障害者の雇用の取り組みから考える多様性と生産性を実現するトータルマネジメント手法」が奨励賞を受賞し、2018年9月19日に開催された授与式に参加しました。

 

株式会社インテージホールディングス

インテージグループ、「HRアワード2018」企業人事部門で入賞 ~能動的な成長機会創出と自律的な働き方で実施する「プロフェッショナリティ向上施策」が評価~(2018/9/13)
http://www.intageholdings.co.jp/news/20180913_information.html

概要

株式会社インテージホールディングスは、日本の人事部主催、厚生労働省が後援する「HRアワード2018」の企業人事部門で入賞しました。

今回「第7回日本HRチャレンジ大賞」に続き、能動的な成長機会創出と自律的な働き方で実施する「プロフェッショナリティ向上施策」が評価され、企業人事部門で入賞が決まりました。
株式会社インテージホールディングスは、マーケティングリサーチを中核に、ビジネスインテリジェンス事業やヘルスケア領域の情報サービスを展開しています。

 

コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社

コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社「コーナーストーン・パフォーマンススイート」が日本の人事部「HRアワード2018」に入賞(2018/9/12)
https://www.cornerstoneondemand.jp/company/news/press-releases/09122018_JP_release

概要

コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社が運営する「コーナーストーン・パフォーマンススイート」が、日本の人事部「HRアワード2018」のプロフェッショナル部門に入賞しました。

 

株式会社タレントアンドアセスメント

AI面接サービスSHaiNが「HRアワード2018」プロフェッショナル部門で入賞(2018/9/12)
https://www.taleasse.co.jp/2018/09/12/shain-hraward2018/

概要

株式会社タレントアンドアセスメントが提供するAI面接サービス「SHaiN」が、日本最大のHRネットワークとなる日本の人事部が主催する「HRアワード2018」プロフェッショナル部門において入賞しました。

 

株式会社シンクスマイル

日本の人事部「HRアワード2018」に『RECOG』がノミネート決定(2018/9/11)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000016377.html

概要

株式会社シンクスマイルの提供するチームパフォーマンスアプリ「RECOG」が全国120,000人の人事キーパーソンが選ぶ「HRアワード2018」にノミネートされました。
RECOGは、シンクスマイルのモチベーションSNS「ホメログ」をベースに生まれたサービスです。


株式会社アイ・キュー

全国120,000人の人事キーパーソンが選ぶ 日本の人事部「HRアワード2018」  入賞者(ノミネート)を決定し 最優秀賞選出に向けた投票受付を開始(2018/9/13)
http://www.iqiq.co.jp/news/20180912113937

概要

人事キーパーソンのためのポータルサイト『日本の人事部』を運営する株式会社アイ・キューは、日本の人事部「HRアワード2018」を開催し、321エントリーの中から54点の入賞者(ノミネート)を決定し、最優秀賞の選出に向けて『日本の人事部』会員12万人からの投票受付を開始しました。

 

④役員人事

 

株式会社エクサウィザーズ

AIベンチャーのエクサウィザーズ『雇用の未来』の共著者、英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン氏が顧問に就任(2018/9/10)
https://exawizards.com/archives/1542

概要

株式会社エクサウィザーズは、英オックスフォード大学准教授のマイケル・A・オズボーン氏を顧問に迎えました。
マイケル・A・オズボーン氏は英オックスフォード大学の准教授で、テクノロジーと雇用を研究するオックスフォード・マーティン・プログラムの共同ディレクターを務めています。
今後HR×Techサービス「HR君」のデータを活用した共同研究をはじめ、今後の海外展開も見据えた様々な研究を進めていくとのことです。

 

⑤資金調達

 

GVA TECH株式会社

人工知能で法務業務を支援する「AI-CON」運営が調達、質問回答で必要な契約書を自動作成する機能も(2018/9/3)
http://thebridge.jp/2018/09/ai-con

概要

AI(人工知能)を活用した法務支援サービス「AI-CONシリーズ」を提供するGVA TECHはDBJキャピタル、西武しんきんキャピタルを引受先とする1億8000万円の第三者割当増資を実施しました。※払込日や出資比率などは非公開。

これに合わせ、AI-CONドラフトの正式公開もアナウンスされました。
AI-CONドラフトは、スタートアップやフリーランスの利用頻度が高い17種類の契約書雛形を無料で提供しており、条件や用途に合わせた最適な契約書雛形を自動生成してくれる機能が追加されました。現在は秘密保持契約書のみ対応しており無料で利用が可能です。

 

株式会社FiNC

株式会社FiNC、約55億円強の第三者割当増資 創業より累計100億円強の資金調達へ 〜AIなどの最新テクノロジー開発や海外進出などを加速 代表取締役の選任および新社外取締役の就任に伴い組織体制を一新し、商号も新たに変更〜(2018/9/20)
https://company.finc.com/news/10736

概要

予防ヘルスケア×AI(人工知能)テクノロジーに特化したヘルステックベンチャー株式会社FiNCは、約55億円強の資金調達を実施しました。また、組織体制新しくし、「株式会社FiNC Technologies」と商号も変更しました。

今回の資金調達によって、ディープラーニング、機械学習、運動、栄養、睡眠領域における行動変容のためのAI(人工知能)開発や、ヘルスケアプラットフォームアプリ「FiNC」を中心としたマーケティング・プロモーションや海外進出、ハードウェアの開発やM&Aをおこなっていきます。

 

株式会社リンクアンドモチベーション 

リンクアンドモチベーションが転職クチコミサイト「Vorkers」に22.5億円出資、持分法適用関連会社に
http://www.lmi.ne.jp/news/2018/2018092015271186.html

概要

株式会社リンクアンドモチベーションは、株式会社ヴォーカーズとの資本業務提携に関する契約締結が完了しました。今回の資本業務連携は、ヴォーカーズは新サービスである「Vorkersリクルーティング」に利用されます。

また、今回の資本業務連携によってヴォーカーズへの出資比率が20%となることから、ヴォーカーズはリンクアンドモチベーションの持分法適用関連会社となりました。

「Vorkersリクルーティング」は「Vorkers」に登録しているユーザー約245万人と、採用をしたい企業を直接マッチングするプラットフォームです。

今後「Vorkersリクルーティング」は、企業が編集した情報ではなく、社員のクチコミという生の情報を見て就職・転職を判断することが可能になり、「採用人数が多い会社」ではなく「社員評価が高い会社」を上位に掲載されるようになります。

 

⑥「買収/新会社」

 

RegulusTechnologies株式会社

株式会社ツナグ・ソリューションズ グループ参画 (子会社化) に関するお知らせ(2018/9/18)
http://regulus-technologies.co.jp/pr/20180918

概要

RegulusTechnologies株式会社は、株式会社ツナグ・ソリューションズに全株式を売却することを決定し、ツナグ・ソリューションズの子会社になりました。
RegulusTechnologies株式会社はオートークというプロダクトを中心とする企業です・株式を売却したツナグ・ソリューションズは、アルバイト・パート領域に特化した採用コンサルティンググループであり、採用業務の自動化やシステム化に特化した採用開発事業をおこなっています。

 

株式会社スタディスト

マニュアル作成・共有「Teachme Biz」のスタディストがタイで合弁会社設立(2018/9/25)
https://jp.techcrunch.com/2018/09/25/teachmebiz/

概要

株式会社スタディストはみずほフィナンシャルグループとの共同出資で、タイでの有価証券投資業務、コンサルティング業務を主な事業とするMHCBコンサルティング社やJ-Crown社とともに合弁会社を設立しました。

合弁会社は、スマホやタブレット端末などで簡単に写真入りのマニュアルを作成できるプラットフォーム「Teachme Biz」のタイでの販売やマーケティングなどの業務をおこないます。

 

Slack

Slackがメールの支配へ向けてAstroを買収(2018/9/25)
https://jp.techcrunch.com/2018/09/25/2018-09-24-slack-acquires-astro-to-conquer-email/

概要

SlackがメールアシスタントAstrobotを運営するAstroを買収しました。
Astrobotは、GmailやOffice 365と同期することで、メールやスケジュールを整理するサービスです。
今回の買収によって、Slackのチャンネル上でメールとカレンダーを統合し管理することが可能となるため、Slackのチャットから電子メールへ簡単にシフトできるようになりました。

 

⑦調査結果

 

株式会社HRBrain

これでよくなる日本の目標管理!20・30代女性の7割以上が「的確な評価をしてくれる人」を理想の上司と回答 一方、現実の上司への満足度は10点満点中約6点と辛口評価に(2018/9/12)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000023143.html

概要

株式会社HRBrainは、全国の人事評価を受ける立場の従業員男女600名を対象に、「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施しました。
そのうち、個人で目標設定をしていると回答した従業員295名を対象にした、従業員の「目標管理に対する上司への評価」や「目標達成へのモチベーション」については、以下のような回答が得られました。

1.目標管理に関する上司への評価を点数で表すと、10点満点中5.6点

  1. 従業員の約6割が「目標を把握し、的確なフィードバック・評価を頻繁にしてくれる」上司の下でなら、目標達成に向けて頑張れると回答、特に20・30代女性の7割以上がその傾向にあることが判明
    3.目標達成についての面談で上司と話したい内容は、「目標達成に対する自分への評価」が最多
    4.目標達成へのモチベーションになっていることは、「インセンティブや報酬」「昇給や成長」「上司からの良い評価」が上位

 

⑧その他

 

株式会社SKILL

株式会社SKILL ブロックチェーンを活用した人材の職歴情報登録システムに関する特許を出願(2018/9/5)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000034771.html

概要

株式会社SKILLは、ブロックチェーンを活用した人材の職歴情報登録システムに関する特許を出願しました。
職歴情報登録システムは、個人の職歴情報をブロックチェーンに記録するシステムで、自分が関わったプロジェクトや業務における活動内容を、ライフログを作成するように繰り返し記録していく際に活用できます。

 

株式会社SmartHR

「SmartHR Next 2018」を開催。プラットフォーム化構想を発表(2018/9/13)
https://smarthr.co.jp/news/press/19965

概要

株式会社SmartHRは、9月11日に開催した「SmartHR Next 2018」において、クラウド人事労務ソフト「SmartHR」のプラットフォーム化構想を発表しました。

SmartHRがこれまで連携してきた12のサービスに加え、「人事労務freee」、「ジョブカン」との連携が決定しています。

さらに、アプリケーションストア「SmartHR Plus」の開発にも着手しているとのことで、SmartHR Plusには、SmartHRの拡張機能を追加できるPlusアプリが準備されます。

先日公開されて話題を呼んだ「雇用契約書機能」や、まもなく公開される「ペーパーレス年末調整2018」なども「Plusアプリ」の一つであるとのことです。

 

株式会社Payment Technology

前払いできるくん、北海道地震被害者向けに給料前払いサービスを無料提供(2018/9/6)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000019834.html

概要

株式会社Payment Technologyは、北海道胆振地方で発生した地震を受け、「前払いできるくん」を導入している企業に対して、システム手数料を無料にすると発表しました。

「前払いできるくん」は、給与日前に働いた分の給与を好きなときに受け取ることができる企業・従業員のための給与前払い福利厚生サービスです。

 

株式会社ハッカズーク

アルムナイ(企業の卒業生・退職者)と元同僚の“再会の場” ハッカズーク「ALUMNIGHT(アルムナイト)」を開催 (2018/9/25)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000030026.html

概要

アルムナイ・リレーション・プラットフォームを運営している株式会社ハッカズークは、“アルムナイ”と元同僚の再会の場として、アルムナイ×クラフトビール「ALUMNIGHT(アルムナイト)」を10月3日に開催します。

参加条件は、アルムナイが一年以上など暫く会っていない元同僚と参加することで、参加費は無料なっています。

アルムナイ・リレーション・プラットフォームは、企業とアルムナイ(OB/OG)を繋ぎ、企業を退職後のアルムナイのエンゲージメントを高めるためのプラットフォームです。