HR Techナビでは、国内外のHR Techに関する最新トレンド、活用事例などHR Techに関わる人にとって役に立つ情報をお届けいたします。

国内HR Techベンチャーのニュースまとめ|2018年6月

2018年6月に発表された、国内HR Tech(HRテック)企業の最新ニュースをご紹介。
毎月サービスのローンチや新機能は多くあるのですが6月はさらに活発でした。
7月10日には、書類審査で選ばれた8社のファイナリストが「HR Tech GP 2018 Final」で公開ピッチを行い、グランプリが決定します。

 

①サービスのローンチ・新機能など(19件)
②業務連携・サービス導入(4件)
③事業目標(1件)
④実績(8件)
⑤役員人事(1件)
⑥資金調達(4件)

 

①サービスのローンチ・新機能など

IEYASU株式会社

【業界初】SESに特化した「勤怠管理」から「請求書」まで自動生成する契約・請求管理システムをリリース!勤務時間から超過・控除金額を自動計算し「請求書」を発行します。(2018/6/15)
https://www.ieyasu.co/info/new_release_for_ses

概要

IEYASU株式会社は無料の勤怠管理システム「IEYASU」にSES(システムエンジニアリングサービス)に特化した「勤怠管理から請求書まで自動生成」する機能を追加しました。

SES契約の場合は出退勤データを元にして請求書を作成するのが一般的で、契約先の条件に基づいた交通費や時間などの経費も追加した請求書を発行しなければならず、人数が増えれば増えるほど負担がかさんでしまうのがSESの課題でした。

「IEYASU」は勤怠を入力することで請求書を自動発行するため、上記の負担を大幅に軽減することができます。

 

株式会社Emotion Tech

“内定辞退減少”と“新入社員の定着率向上”サービス「こころミル」を提供開始(2018/6/13)
https://www.emotion-tech.co.jp/news/2018/0613

概要

株式会社Emotion Techは、株式会社テガラミルと共同で、新入社員の定着率を向上させるサービス「こころミル」を開発・リリースしました。

労働人口の減少にともなって人材の確保が重要になっている現代において、新卒の離職率が宿泊・飲食業で50.5%、娯楽業で47.9%、教育・学習業で47.3%となっています。

「こころミル」によって内定辞退、新入社員の入社後の早期離職を改善し、最適な人員数の確保や長期就業によるスキル向上を目指します。

 

株式会社シーグリーン

RPAを月額1万円で提供開始!販売管理から自動で人事評価へ反映(2018/6/7)
https://www.value-press.com/pressrelease/202683

概要

人事評価システム「評価ポイント」を運営する株式会社シーグリーンは、「評価ポイント」に、RPA(Robotic Process Automation)機能を追加し、販売管理、勤怠管理、会計システムを連携することで、自動で人事評価を反映できるようにしました。
1万円にすることで導入ハードルを下げています。

 

株式会社ミロク情報サービス

「リアルタイム・時短・見える化」で業務効率化を推進するクラウドサービス「Edge Tracker(エッジトラッカー)」の新機能“ワークフロー”を提供開始(2018/6/6)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000018493.html

概要

株式会社ミロク情報サービスは、申請・承認手続きにおける従業員の利便性向上や人事総務、経理部門の業務効率化の推進によって中堅・中小企業の働き方改革を支援するため「Edge Tracker ワークフロー」をリリースしました。

「Edge Tracker ワークフロー」は、さまざまなデバイスで利用できるクラウドサービスのため、どこでも業務管理できます。また、申請書の雛形を14種類用意しているほか、利用者が自由に申請書を作成することもできるため、どこでも各種申請書の申請・承認ができるようになりました。

 

株式会社タレントアンドアセスメント

AI面接の新サービス「SHaiN EX」サービス提供開始を決定(2018/6/15)
https://www.taleasse.co.jp/2018/06/15/shain-ex_teaser-site_open/

概要

株式会社タレントアンドアセスメントは、AIを利用した面接サービス「SHaiN EX」を7月よりリリースすると発表しました。6月15日に公開したティザーサイトで先行予約ができます。
アルバイトや専門職、一芸一能採用に特化したAIの面接サービスは日本初で、利用料金は1つの診断結果につき3000円です。

 

株式会社インターワークス

株式会社インターワークス、株式会社Branding Engineerと共同開発でのコンテンツ求人メディア「ドライバータイムズ」リリースのお知らせ(2018/6/14)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000005058.html

概要

株式会社インターワークスは株式会社Branding Engineerと合同で、物流(トラック)ドライバー、タクシードライバー、セールスドライバー、バス運転手向けのコンテンツ求人メディア「ドライバータイムズ」を開始しました。

ドライバータイムズは、仕事に関する情報に限らず、免許の取り方からライフスタイルなどの情報も発信します。
また、ドライバーの転職支援としての人材紹介(成功報酬型人材マッチング)への展開を予定しているとのことです。

 

ディスカバリーズ株式会社

SharePointのログ分析ツール「インテリレポート」、従業員の働き方を分かりやすく可視化するレポート機能を拡充し、働き方改革を支援(2018/6/12)
http://discoveries.co.jp/news/category/news/

概要

ディスカバリーズ株式会社は、SharePointログ分析、Office 365監査ログ分析ツールである「インテリレポート」をバージョンアップしました。

新しいインテリレポートを活用することで従業員の利用状況からパフォーマンスの高い従業員や組織の行動パターンが可視化されるため、目標設定が困難といわれた働き方改革やエンゲージメント強化のためのKPI設定が簡単になりました。

 

株式会社ビズリーチ

HRMOS採用管理「エージェント推薦機能」開始 求人ごとに、最適なへッドハンターを紹介(2018/6/1)
http://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2018/0604.html

概要

株式会社ビズリーチの運営する「HRMOS(ハーモス)採用管理」は、「エージェント推薦依頼」を選択すると、ビズリーチに登録されてる最適なヘッドハンターを最大3名紹介する機能を追加しました。
この機能によって HRMOS採用管理上で求人管理やエージェントとのコミュニケーションを一括管理することができます。

 

株式会社ユー・エス・イー

社会保険・雇用保険手続きのマイナンバー付与を自動化(2018/6/20)
http://www.use-ebisu.co.jp/info/news20180620.html

概要

株式会社ユー・エス・イーは、株式会社オービックビジネスコンサルタントと合同で、「Charlotte(シャーロット)」においてマイナンバーを自動的に付与するサービスを提供開始しました。

雇用保険業務においてもマイナンバーの安全管理が求められていますが、株式会社オービックビジネスコンサルタントの運営するクラウドサービス「奉行Edge マイナンバークラウド」と連携することで、場所や人によらず作業ができます。情報の持ち出しなどのリスクも最小限に抑えることができます。

 

株式会社エクサウィザーズ

国内初、AIと行動心理学を活用した勤務シフト自動作成サービス「セコムかんたんシフトスケジュール」を開発(2018/6/18)
https://exawizards.com/archives/826

概要

セコムトラストシステムズ株式会社は、株式会社吉野家および株式会社エクサウィザーズの3社合同で、勤務シフト自動作成サービス「セコムかんたんシフトスケジュール」を開発しました。

「セコムかんたんシフトスケジュール」は、勤務シフトの「AI自動作成機能」「AIリコメンド機能」の2つの機能を備えており、飲食店や小売店での勤務シフトの作成・調整に要する手間やヒューマンエラーの削減、身体的・心理的負担の軽減を目指します。

 

株式会社ヌーラボ

クリエイティブワークを支えるヌーラボの全ツールが1つのアカウントで利用可能に — 「ヌーラボアカウント」でプロダクトの連携を開始(2018年6月14日)
https://nulab-inc.com/ja/press-release/pr-1806-nulab-account/

概要

株式会社ヌーラボが運営するチャットツール「Typetalk」、オンライン描画ツール「Cacoo」、プロジェクト管理ツール「Backlog」すべてのプロダクトにおいて、ヌーラボアカウントで連携利用できるようになりました。

また、アカウント連携することで、ユーザーから希望が多かった、「Backlog」のクレジットカード支払いにも対応可能になったとのことです。

 

株式会社ミロク情報サービス

中小企業・小規模企業、個人事業主向けクラウド型会計・給与サービス「かんたんクラウドシリーズ』の直接販売を開始(2018/6/11)
https://www.mjs.co.jp/news/details.html?Itemid=6334

概要

株式会社ミロク情報サービスは、クラウド型のサービス「かんたんクラウド会計」「かんたんクラウド給与」の直接販売を開始しました。

「かんたんクラウドシリーズ」は、「誰でも簡単に使える」をコンセプトにしたサービスで中小企業・小規模企業および個人事業主を対象に展開しています。

「かんたんクラウドシリーズ」は「無料プラン」と「Basic(ベーシック)プラン」の2種類のプランを用意しており、「無料プラン」は申し込みから3カ月間無償でサービスを利用することができます。

 

ワウテック株式会社

利用企業2,000社を誇るワウテックが提供するサービス、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」に新機能「外部からアプリを直接起動するディープリンク」が追加(2018/6/19)
https://www.wowtalk.jp/info/deeplink_180620.html

概要

ワウテック株式会社は、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」に、新機能「外部からURLを通してアプリを直接起動するディープリンク」を追加しました。

WowTalkのアプリを直接外部から起動、 ユーザーを指定して個別のトーク(チャット)画面が開いた状態でアプリ起動、ユーザーを指定してメンバーリストの詳細画面が開いた状態でアプリ起動することができます。

 

株式会社ミライセルフ

あなたに合う社風の会社からスカウトが届く!人柄と社風との相性をAIが判定する求人マッチングサービス「mitsucari(ミツカリ)」が6月1日(金)からサービス正式提供を開始(2018/6/1)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000030921.html

概要

株式会社ミライセルフは、求人マッチングサービス「mitsucari(ミツカリ)」をリリースしました。
「mitsucari(ミツカリ)」は、適性検査によって求職者の「人柄」を分析します。また、企業の社員にも同じ検査を受検してもらうことで得たデータを元に会社の「社風」を分析します。

この「人柄」と「社風」2つの適性検査の結果を人工知能(AI)が分析し、求職者の「人柄」と「社風」がマッチングしているかを判断するので、就職におけるミスマッチを防ぎます。

 

株式会社アクティブ アンド カンパニー

ダイヤモンド社/適性検査シリーズ Web診断サービス(DPI等)の 「サイレコ」へのデータ連携の自動化について(2018/6/20)
http://www.aand.co.jp/newsrelease/pdf/20180620_01.pdf

概要

株式会社アクティブ アンド カンパニーは、株式会社ダイヤモンド社の運営する適性検査シリーズ/Web診断サービス(DPI等)の診断結果データをシステム上で自動連携するサービスをリリースします。

本サービスは“適性検査の結果”をサイレコに、自動的に“蓄積される仕組み”を構築することで、人事・人材への取り組みを“投資”に変える、人事・人材を“科学”する、新しい人事・人材の“インフラ”を構築する、3つの目標の実現を目指します。

 

EDGE株式会社

ビジネスチャットは愚痴・不満の温床に 無目的な導入でES低下の恐れ【EDGE】コミュニケーションプラットフォーム「エアリー」伝えたい情報の伝達を強化するポータル機能を追加(2018/6/22)
https://www.gaiax.co.jp/blog/press2018-06-22/

概要

EDGE株式会社は、コミュニケーションプラットフォーム「エアリー」に「ポータル機能」を搭載しました。

ポータル機能の実装により、エアリーの導入目的を明示的に全ユーザーに共有することや、会社の考えや思いをリアルタイムに伝達することができます。

 

株式会社ITI

AIの活用で、転職活動の”面倒くさい”を解消!転職求人サービス「JoinsJob」が日本初の機能を導入!(2018/6/25)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000024706.html

概要

株式会社ITIは、運営する転職求人サービス「JoinsJob」に、Daxtraが提供するAIを用いた構文解析技術「Daxtra Parser」と、スマートフォンでの転職活動を支援する「Widget」を導入しました。

Daxtraが提供するこれら2つの機能を転職求人サービスで採用するのは日本初の事例とのことです。
「Daxtra Parser」は、コンピュータが自ら履歴書や職務経歴書の内容を解析し、個々の情報をデータベース内の各項目に取り込む機能で、世界で唯一日本語対応しています。

この「Daxtra Parser」と「Widget」2つの機能の導入によって、求職者は求人サイト登録時の面倒なプロフィール入力作業を、職務経歴書のアップロードだけで完了することができます。また、スマートフォンにも対応しているため、どこでも作業を完了させることができます。

 

株式会社BoostIO

プログラマ向けノート「Boostnote」開発のBoostIO、オープンソースのバグ修正をクラウドソーシング的に依頼できる「IssueHunt」をローンチ(6/20)
http://thebridge.jp/2018/06/boostio-launches-issuehunt

概要

株式会社BoostIOは、オープンソースのバグ修正をクラウドソーシング的に依頼できるプラットフォーム「IssueHunt」をローンチしました。

「IssueHunt」は、オープンソース開発者が管理するGitHub上にバグ報告や追加機能を掲示板形式であげ、全世界のユーザーにバグの修正を依頼できます。

また、ソフトウェアのファンの方は、オープンソースの修正して欲しいバグを報告、修正してくれるユーザーに渡す報酬を寄付することができます。

 

Sharin株式会社

【新機能】サンクスカードの定着化を促進させる「サンクスレポート」機能をリリース。自動レポート配信で担当者の作業負担も軽減!(2018/6/26)
https://sharin.co.jp/2018/06/26/establishment-thankscard-promoted/

概要

Sharin株式会社は、コミュニケーション型人事クラウド『Sharin(シャリン)』のサンクスツールにおいて、定期レポートを自動配信する「サンクスレポート」機能を、2018年7月2日にリリースします。

社内コミュニケーションの活性化や、働きやすい職場づくりの施策として利用されている「サンクスツール」は、いかに社内に浸透させ、定着できるのかが重要になっています。
今回「サンクスレポート」を自動で配信することで、導入担当者の作業を軽減しながらも、サンクスカードを「目にする機会」・「知る機会」を増やし、定着化の促進を目指しています。

 

②業務連携・サービス導入

株式会社ドリーム・アーツ

すかいらーく、2,800店舗と本部間のコミュニケーションを「Shopらん」で改革(2018/6/4)
https://shoprun.jp/news/press-release/press20180604/

概要

株式会社すかいらーくは、株式会社ドリーム・アーツが提供するクラウドサービス「Shopらん®」を導入しました。

すかいらーくグループは「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」「夢庵」「ステーキガスト」などを全国に展開しており、本部から店舗への指示や店舗からの作業報告も多岐にわたり、マネージャーの負担が大きいため、「Shopらん®」の導入によって、店舗とエリアマネジャー・本部の業務の改善を目指します。

 

株式会社ギブリー

プログラミングスキルチェックツール「track」が、ネクストクリエイターのスキル向上を支援するハッカソン「SPAJAM2018」にツール提供!(2018/6/6)
https://givery.co.jp/press/3370/

概要

株式会社ギブリーは、ネクストクリエイターのスキル向上を支援するハッカソン「SPAJAM2018」に「track」の提供を開始しました。
参加者は、「track」のオンラインスキルチェックの機能を用いて、web上で制限時間内にプログラミングの問題を解くことで得点を競います。

 

タレンタ株式会社

三井不動産リアルティ株式会社によるデジタル面接プラットフォーム「HireVue」導入決定のお知らせ(2018/6/6)
http://www.talenta.co.jp/hirevue_mitsuifudosanrealty20180606/

概要

三井不動産リアルティ株式会社は、タレンタ株式会社の運営するデジタル面接プラットフォーム「HireVue(ハイアービュー)」を2020年新卒採用インターンシップ選考で導入しました。

HireVueを活用することで、三井不動産リアルティが望む能力を持ち、課外活動や勉学で忙しい学生に、インターシップの選考に参加する機会を提供します。

 

Resily株式会社

スタイラー株式会社、クラウドOKRサービス「Resily」を導入(2018/6/27)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000033468.html

概要

スタイラー株式会社は、目標達成へのコミュニケーションを革新し、企業のパフォーマンスを最大化するクラウドOKRサービス「Resily」を導入しました。

OKRは、Objective & Key Results(目標と主な結果) の略称で、チームや個人の目標を会社目標に整合させる目標管理手法で、事業全体のアクションプランを軸としたコミュニケーションの効率化を目指します。

 

③事業目標

株式会社カオナビ

カオナビ、2020年度の事業目標に導入企業数3,000社を策定(2018/6/13)
https://corp.kaonavi.jp/news/detail/20180613-2/

概要

株式会社カオナビは2020年度の事業目標として「導入企業数3,000社」を策定しました。『カオナビ』は、サービス開始から6年間で1,000社を突破しています。

今後、2020年度までの3年間で2,000社の新規導入を目指し、2018年度比300%となる導入企業数3,000社を突破し、リーディングカンパニーとして市場を牽引していくことを目標としています。
その他にも「登録メンバー数150万人」と「従業員数200人」の2つの目標もかがげています。

 

④実績

BizteX株式会社

「BizteX cobit」が最大50万円の補助を受けられる、IT導入補助金対象のITツールに認定されました!(2018/6/12)
https://www.biztex.co.jp/posts/2018-06-12-ithojokin/

概要

BizteX株式会社の運営する国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」は、経済産業省が推進する平成29年度補正予算「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」IT導入支援事業者として採択され、補助金対象のITツールに登録されました。

クラウドRPA「BizteX cobit」を導入した事業者は、サービス導入費1年間分のコスト(初期費用+1年間分のサービス利用料)の3分の1に当たる費用に、IT導入補助金を利用できます。

クラウドRPA「BizteX cobit」は、企業の定型業務を覚えさせておくことで、ワンクリックで人間の代わりに仕事をするデジタルロボットです。
WebサイトやWebシステム、Excel / CSVなどを使った業務を対象とし、反復的に行う情報収集や入力業務など、業務フローが煩雑でヒューマンエラーが起こりやすい業務や大量のデータを扱う反復的な単純作業の業務効率化・精度の高いアウトプットを目指します。

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助する制度です。

 

SmartHR

株式会社SmartHRが、スタートアップにおける成長モデルの創出を目指す「J-Startup企業」に採択されました(2018/6/13)
https://smarthr.jp/release/12302

概要

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を運営している株式会社SmartHRは、政府のスタートアップ支援「J-Startupプログラム」に採択されました。

J-Startupは、有識者が推薦したスタートアップ企業を大企業やベンチャーキャピタル、アクセラレーターなどの「J-Startup Supporters」とともに、官民一丸となって集中的にサポートしていくプログラムです。

 

株式会社FiNC

ヘルステックベンチャーFiNC、経産省J-Startup企業に選出(2018/6/12)
https://company.finc.com/news/9910

概要

株式会社FiNCは、政府のスタートアップ支援「J-Startupプログラム」に採択されました。

株式会社FiNCは、予防ヘルスケア×テクノロジー(人工知能)に特化したヘルステックベンチャー企業で、法人向けウェルネスサービス「FiNC for BUSINESS」の運営などおこなっています。

 

BizteX株式会社

BizteXが経済産業省のスタートアップ企業育成支援プログラムの「J-Startup 企業」に選出されました。(2018/6/14)
https://www.biztex.co.jp/posts/2018-06-14-jstartup/

概要

クラウドRPA「BizteX cobit」を運営するBizteX株式会社は、政府のスタートアップ支援「J-Startupプログラム」に採択されました。

クラウドRPA「BizteX cobit」は企業の定型業務を覚えさせておくことで、ワンクリックで人間の代わりに仕事をするデジタルロボットです。

 

InstaVR株式会社

政府スタートアップ支援の特待生「J-Startup企業」に選出 〜内閣府の集中支援を最大活用し、グローバル展開を加速〜(2018/6/12)
http://www.instavr.co.jp/blog/20180612

概要

InstaVR株式会社は、政府のスタートアップ支援「J-Startupプログラム」に採択されました。

「InstaVR」は、現実世界の研修や訓練を、だれでもすぐにVRコンテンツへと変換して活用することができる人材育成VRプラットフォームです。

 

株式会社Donuts

「ジョブカン」シリーズ4サービスが、1,000万人以上が利用する法人向けIT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」2018年上半期ランキング1位を獲得(2018/6/21)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000176.000004237.html

概要

株式会社Donutsの運営する、クラウド型バックオフィス支援システムの「ジョブカン勤怠管理」、「ジョブカンワークフロー」、「ジョブカン経費精算」、「ジョブカン採用管理」の4つのサービスが、

法人向けIT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」の2018年上半期お問い合わせランキングにて「勤怠管理・就業管理」部門、「ワークフロー」部門、「経費精算システム」部門、「経費精算システム クラウド」部門、「採用管理・選考管理システム」部門で1位を受賞しました。

「ジョブカンシリーズ」は企業の創業期から成熟期まであらゆるステージ・規模に対応するバックオフィス業務を効率化するクラウドサービスです。

 

株式会社シーグリーン

ITトレンド上半期ランキング2018 人事評価システム第1位「評価ポイント」(2018/6/21)
https://www.value-press.com/pressrelease/203482

概要

株式会社シーグリーンの運営する人事評価システム「評価ポイント」がIT製品比較サイト「ITトレンド上半期ランキング2018」において、人事評価システム部門の第1位を獲得しました。

「評価ポイント」はクラウドによるメール・SNS連携、ポイント制を融合したリアルタイム&コミュニケーション型の人事評価サービスです。

 

エン・ジャパン株式会社

入社者の離職リスク可視化ツール「HR OnBoard」、「第7回 日本HRチャレンジ大賞」人材サービス優秀賞を受賞!(2018/6/1)
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/13762.html

概要

エン・ジャパン株式会社の運営する入社者の離職リスク可視化ツール「HR OnBoard」が「第7回 日本HRチャレンジ大賞」の人材サービス優秀賞(人材マネジメント部門)を受賞しました。

「HR OnBoard」は、入社1年以内の社員が離職する兆候を可視化し、アドバイスをくれるサービスです。

 

⑤役員人事

株式会社grooves

慶應義塾大学 特任教授 岩本 隆氏の HR×Technologyフェロー就任のお知らせ(2018/06/13)
https://www.grooves.com/news/1503

概要

株式会社groovesは、人材領域のビッグデータ解析、人工知能技術応用の研究者である、慶應義塾大学特任教授 岩本 隆氏をフェローに迎えました。

高齢化や人口減少などの社会課題をHR Tech領域で解決するために、技術活用の研究を進め、サービス品質のさらなる向上を目指します。

 

⑥資金調達

株式会社ネットオン

クラウド型採用マーケティングツール「採用係長」を運営する株式会社ネットオンが1億円を調達。登録事業者数は7,000超。(2018/6/6)
https://www.value-press.com/pressrelease/202521

概要

クラウド型採用マーケティングツール「採用係長」を運営する株式会社ネットオンは、大和企業投資株式会社を引受先とする第三者割当増資にて1億円を調達しました。

今後調達した1億円は「採用係長」の機能拡充、人材採用、プロモーション活動などに利用し、今までリーチできなかった中小企業や地方企業にサービスの提供を目指します。

 

InstaVR株式会社

InstaVR、総額5.2億円を資金調達し、役員体制を強化  人材育成VRプラットフォームの提供を開始(2018/6/4)
http://www.instavr.co.jp/blog/20180604-2

概要

グローバルVR制作・配信・分析プラットフォーム「InstaVR」を運営しているInstaVR株式会社は、総額約5.2億円の第三者割当増資を実施しました。

「InstaVR」は、現実世界の研修や訓練を、だれでもすぐにVRコンテンツへと変換して活用することができる人材育成VRプラットフォームです。

また、グリーベンチャーズ株式会社ジェネラルパートナーの堤 達生氏及び、YJキャピタル株式会社 取締役副社長の戸祭 陽介氏がInstaVR株式会社の社外取締役に就任しました。

 

株式会社メイプルシステムズ

BtoBエンジニアプラットフォームを運営するメイプルシステムズが1.4億円調達、間接部門向け新サービスも(2018年6/20)
https://jp.techcrunch.com/2018/06/20/maplesystems-fundraising/

概要

エンジニア管理のプラットフォーム「PRO-SESS」を提供する株式会社メイプルシステムズは、第三者割当増資と金融機関借り入れにより総額約1億4000万円の資金調達を実施しました。
調達した資金は広報とカスタマーサクセスチームの体制強化に利用します。

また、株式会社メイプルシステムズは「PRO-SESS」で提供してきた機能の一部を切り出し、いくつかのサービスに分けて提供していくと発表しました。
その第1弾としてSESの間接部門業務を一元管理できる「契約管理できるくん」を7月1日にリリースします。

「契約管理できるくん」は、SES契約の管理や見積書・発注書・発注請書の作成・送付、勤怠管理、請求書発行までを一元管理できるサービスで、SES契約でのバックオフィス業務の負担を軽減することができます。