HR Techナビでは、国内外のHR Techに関する最新トレンド、活用事例などHR Techに関わる人にとって役に立つ情報をお届けいたします。

国内HR Techベンチャーのニュースまとめ|2018年2月

hrtechnews

2018年2月に発表された、国内HR Tech(HRテック)企業の最新ニュースをご紹介。

今回は「サービスローンチ・機能の追加」「事業提携・サービスの導入」「役員人事」「企業リサーチ」「業績」の点からニュースをお届けします。

①サービスローンチ・新機能(11件)
②事業連携・サービスの導入(3件)
③役員人事(2件)
④企業リサーチ(2件)
⑤業績(1件)

2018年2月も多くのサービスローンチ・新機能が発表されました。

毎月サービスの新機能をリリースしている企業が目立ち、他業界に比べてHR Tech業界のスピードの速さが伺えます。

 

①サービスローンチ・新機能

1. 株式会社あしたのチーム

クラウド型人事評価システム「コンピテンシークラウド™」、人事・労務関連の通知書や契約書の作成・通知・承認機能をリリース(2018年2月5日)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000065.000025661.html

概要

中小企業の働き方改革を支援する株式会社あしたのチームは、クラウド型人事評価システム「コンピテンシークラウド™」に人事及び労務関係の契約書の作成や通知機能を搭載しました。

この機能によって人事・労務関係の契約書作成や通知の工程を大幅に減らすことができ、人事業務の生産性の向上と労務リスクが軽減できます。

 

【関連リンク】

「人事配置分野」シェアNO.1サービスのCTOに聞く!「評価」を起点としたHR Techサービスの広げ方

 

2.EDGE株式会社

EDGE、社内SNSと連動した動画管理システムをリリース  視聴分析履歴から最適な動画コンテンツ制作を支援(2018年2月19日)

https://edge-inc.co.jp/news/news_180209.html

概要

内定者フォローや新人研修アプリを提供しているEDGE株式会社は、動画研修効果の見える化を実現する動画管理システム『EntamEducation』をリリースしました。

同社のサービスである社内SNS「エアリー」と連携することで動画の閲覧分析ができ、さらに動画閲覧者同士のコミュニケーションも促進されます。

 

3.株式会社ドリームホップ

企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse」に新たに“ヘルスケア”登場~「法令対応ストレスチェックの正しい導入ガイド」(2018年2月2日)

https://www.dreamhop.com/aircource/

概要

メンタルヘルス対策ソリューションを提供する株式会社ドリームホップと、企業向け社員教育サービスを提供しているKIYOラーニング株式会社は、『AirCourse』に「法令対応ストレスチェックの正しい導入ガイド」と、「放置すると危ない!ストレスチェック結果の正しい活用方法」を新設しました。

『AirCourse』は、利用者がオリジナルで作成した動画を簡単に社内共有できるシステムを備えた社員教育クラウドサービスです。

低予算での運用、スマホ・ PC・タブレットなどのマルチデバイス対応、実施履歴や成績などを一元管理することができます。

 

4.株式会社Donuts

『ジョブカン採用管理』の導入実績が800社を突破!新機能も多数リリース(2018年2月15日)

https://all.jobcan.ne.jp/info/press/647/

概要

株式会社Donutsのサービス『ジョブカン採用管理』は、2018年1月に導入実績800社を突破しました。また、以前から要望の強かった新機能をリリースしました。

新機能の追加により、『ジョブカン採用管理』から内定者データを『ジョブカン労務管理』にシームレスにデータ連携することができます。名前や生年月日などから、履歴書のファイルまで連携することが可能です。

また2018年の3月には、WEB上で面接日程の調整ができる『イベントの管理機能』をリリース予定です。

 

【関連リンク】

現場の「使いやすさ」を重視したサービス提供|株式会社Donuts石山瑞樹さん・篠崎惇史さん

 

5.freee株式会社

「人事労務 freee 」がAPIを公開、第一弾で勤怠に対応。会計と人事労務の両輪でオープン・イノベーションを一層推進(2018年2月9日)

https://corp.freee.co.jp/news/hrfreee-kintai-api-7999.html

概要

freee株式会社は自社サービス「人事労務 freee」のAPIを公開しました。

中小企業向け人事労務サービスのAPI公開は国内初です。

特定の勤怠事情や特殊な就業規制の運用および、カスタマイズのニーズがある場合や自社勤怠システムを利用している場合にも、勤怠情報をシームレスに「人事労務 freee」に連携できます。

 

6.株式会社豆蔵ホールディングス

対話型AIエンジン『MZbot』を正式提供開始(2018年2月15日)

https://www.mamezou.com/news/press-release/20180215

概要

主にソフトウェアの開発及びコンサルティングサービスを提供している株式会社豆蔵ホールディングスは、2018年2月15日に新サービス『MZbot』をリリースしました。

『MZbot』は社員一人一人に『デジタル秘書』を提供する対話型AIエンジンです。

『デジタル秘書』は、チャット画面を利用した問い合わせ機能に加えて、RPAロボット(ロボットによる業務効率化)、IOTセンサーなどと連携することで、業務の多くを代行してくれます。

 

7.ファインディ株式会社

フリーランス・副業エンジニアの案件単価を保証する 「Findy Freelance」スタート 「GitHub」 と連携してエンジニアの市場価値を偏差値として見える化(2018年2月15日)

https://www.value-press.com/pressrelease/197221

概要

HR Tech関連のサービスを展開するファインディ株式会社は、2月15日にフリーランス・副業エンジニア向け単価保証型案件紹介サービス「Findy Freelance」をリリースしました。

IT/Webエンジニアがソースコードを共有・管理するサービス「GitHub」と連携することで、個人のスキル偏差値を見える化します。

スキル偏差値の見える化により、企業とフリーランス・副業エンジニア双方にとってミスマッチの少ない案件をマッチングさせます。

 

8.アイ・タップ株式会社

〜人工知能により社員のコンディション変調の予測も〜 チームの力で健康維持・増進活動 健康経営支援サービス「Aiglea(アイグレア)」を提供開始(2018年2月8日)

https://www.value-press.com/pressrelease/196958

概要

健康経営を導入する企業のサポートをするアイ・タップ株式会社は、従業員の健康増進・維持活動を目的としたサービス「Aiglea」をリリースしました。

オフィス内で気軽にできるエクササイズやストレッチが動画で提供されます。継続的に利用することで、症状などを人工知能が分析し、最適なエクササイズなどを提案してくれます。

蓄積したデータの解析・フィードバックにより、体調不良やメンタルヘルス不調を未然に防ぐための予測も可能です。

 

9.Sharin株式会社

【新機能】企業理念と社員の行動を紐付け、組織風土を改革する「Goodアクション」機能をリリース(2018年2月20日)

https://sharin.co.jp/2018/02/20/release-goodaction/

概要

Sharin株式会社は、社内のチーム活性化及び業務効率化を図るサービス『Sharin』に「Goodアクション」機能を追加しました。

『Sharin』はすでに、日々の感謝の気持ちを送る「バッジツール」や、定期面談・1on1ミーティングなどの社内面談を共有する「面談ツール」をリリースしています。

今回の「Goodアクション」機能により、企業理念やクレドの内容を全員で共有・浸透することができます。

 

10.株式会社キャスター

人事のプロがオンラインで人材採用戦略から媒体運用まで代行、オンライン採用支援サービス「Caster Recruiting」を開始(2018年2月13日)

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3287376

概要

株式会社キャスターはオンライン採用支援サービス「Caster Recruiting」を開始しました。

「Caster Recruiting」は、採用のプロが採用業務をサポートし、エージェント対応や日程調整を代行するサービスで、ChatWorkやSlackなど、オンラインでスピーディーなやりとりができます。

 

11.アマノ株式会社

クラウド勤務管理サービス「TimePro-VG Cloud」新発売(2018年2月7日)

https://www.amano.co.jp/information/detail/20180207.html

概要

アマノ株式会社は、クラウド勤務管理サービス「TimePro-VG Cloud」を2月5日に新発売しました。

勤務状況のリアルタイム把握と過重労働の予測値をもとにしたアラート通知機能や、勤務実績や休暇取得・時間外労働等を従業員が容易に確認できるセルフマネジメントサポートなどが特徴です。

 

②事業連携・サービスの導入

1.タレンタ株式会社

タレンタ、モティファイ株式会社と業務提携し、オンボーディング(人材定着化・早期戦力化・離職予防)領域のHRテクノロジーを提供開始(2018年2月8日)

https://www.talenta.co.jp/talenta-motify201802/

概要

国内外のHR Techサービスを展開しているタレンタ株式会社が、チーム活性化プラットフォームサービスを提供しているモティファイ株式会社と業務提携しました。

モティファイ株式会社のサービス『Motify』は人材の定着や早期離脱を防ぐためのコミニケーションツールです。今回の業務提携により、タレンタ株式会社が『Motify』を日本企業に販売・導入支援などをおこなっていきます。

 

2.オービックビジネスコンサルタント

【製品速報】「奉行クラウド」提供へ、OBCと日本マイクロソフトが連携強化(2018年2月16日)

https://www.bcnretail.com/news/detail/20180216_52115.html

概要

オービックビジネスコンサルタント(OBC)と日本マイクロソフトは、従来のバックオフィス業務を簡単にクラウドへ移行できる「奉行クラウド」を発表しました。

まずは、会計システム「勘定奉行クラウド」、給与計算システム「給与奉行クラウド」を提供します。

これにより、領収書や金融機関データをもとに取引入力を自動化し、業務削減することができます。

 

3.freee 株式会社

freee がサイボウズと提携、「kintone」とプロダクト連携。スモールビジネスのバックオフィス業務をシームレスにクラウド完結へ(2018年2月13日)

https://corp.freee.co.jp/news/freee-kintone-8010.html

概要

freee は、サイボウズとスモールビジネスのバックオフィス業務効率化に向け提携しました。

第一弾施策として、サイボウズが提供するビジネスアプリ作成プラットフォーム「kintone」と「クラウド会計ソフト freee」とのプラグイン連携による請求・仕入業務の簡略化を実現しました。

 

③役員人事

1.AnyMind Group

AnyMind Group(エニーマインドグループ) CHROに西山 明紀 氏が就任(2018年2月13日)

https://anymindgroup.com/ja/news/press-release/502/

概要

AIを活用したSaaSサービスを展開するAnyMind Groupは、マイクロアド取締役およびマイクロアドプラスの代表取締役社長を務めた西山氏をCHROとして迎えました。

西山氏はAnyMind GroupのHR戦略を統括します。

 

2.AnyMind Group

エニーマインドグループ、CFOとCSOを任命(2018年2月1日)

https://anymindgroup.com/ja/news/press-release/409/

概要

AIを活用したSaaSサービスを展開するAnyMind GroupはAdAsia HoldingsのPublisher Engagement Directorを務める丸山 仁氏をCSOに任命し、大川 敬三氏をCFOに任命しました。

丸山氏はSaaSサービスをあらゆる事業に展開することでAnyMind Groupの目指す『People” “Innovation” “Localization”』を深く浸透させるとのことです。

また、大川氏は財務戦略を入れた国内外のあらゆる事業に拡大に向けた組織を作っていくとのことです。

 

④リサーチ

1.株式会社オデッセイ

「働き方改革」のカギは人事部門の「働き方改革」!?「働き方改革」が進んでいない理由は 人事部門の「通常業務が忙しく考案する時間がないから」(2018年2月7日)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000026061.html

概要

人事領域のコンサルティングをおこなう株式会社オデッセイは、人事部門に働き方改革に関する意識アンケート」を実施しました。

アンケートによれば、人事部門の過半数が人事業務にHR Techが必要だと答えました。

また、回答者(人事)の多くは、「人材を増力化し生産性の向上を実現するテクノロジー(タレントマネジメント)」に注目しています。

 

2.IT人材ラボ

HR Techクラウド市場、2018年度も前年比143.9%の成長予測―ミック経済研究所がマーケティング資料を発刊(2018年2月7日)

https://mic-r.co.jp/mr/01220/

概要

ミック経済研究所がHRTech クラウド市場の実態と展望 2017 年度版」を発刊しました。

レポートによれば、クラウド市場は2016年の109.7億に対し、2017年は156.6億(前年度比142.8%増)と大幅に伸びています。

さらに2020年のHR Tech市場は、2016年の6倍もの成長が見込めるとのことです。

 

⑤業績

株式会社SmartHR

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の利用企業が1万社を突破(2018年2月20日)

https://smarthr.jp/release/11291

概要

「SmartHR」の利用企業数が1万社に達しました。

最近では、飲食・小売など、店舗展開をする業種の企業に多く導入されているとのことです。

本社・店舗間の郵送やFAXなどによる煩雑な書類のやりとりが解消され、人事労務部門で効率化することができます。

HRTechの最新情報を3月22日のイベントでご紹介!

毎回人事担当者を中心に最新の便利な人事ツールを学ぶHR Tech90も今回で6回目!
株式会社HRBrain代表の堀 浩輝氏らをゲストにお迎えして、
「成長企業に学ぶ!成果を生み出すチーム作りと人材評価のポイント」をテーマに、
タレントマネジメントや目標設定と評価のポイントなどを学びます。

概要

日時:2018年3月22日19時〜20時30分(18時30分開場)
場所:港区赤坂3-17-1 いちご赤坂317ビル 5F
主催:一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会
協力:株式会社ウィルグループ
参加費:
早割チケット 500円
通常チケット 1000円
URL:https://hrtech90-6.peatix.com/view